PAMPHLET.make
東京
青山
03-5411-2202
  • 立川042-548-0362
  • 横浜045-550-4202
  • 千葉043-330-3106
  • 埼玉048-700-4010

制作したカタログを、最大限に活用する。カタログのWeb掲載

カタログをWebサイトに掲載する

カタログの2次活用で営業効率の最大化を図る

制作したカタログは、紙媒体だけでなくWeb掲載するなどの2次活用を推奨しています。Web掲載は、営業対応を効率化するだけでなく、お客様のタイムロスを最小限に留めることから、顧客満足度の向上へとつながります。また、PDFやJPEGデータで保持することで、お客様からの急なカタログ請求に対してメール送付を行うなど、迅速な対応も可能となります。

カタログのWeb掲載手法
カタログPDFのWebダウンロード Webサイト上に「カタログのダウンロード」ページを設け、表紙のサムネイルを掲載すると同時に資料DL機能を付加します。積極的な資料請求を促したい場合には、「どのようなカタログを取得できるのかが魅力的に伝わるページを画像として紹介する」などの一工夫を加えることで、ユーザーは期待値高く、安心して資料DLができるようになり、結果、資料DL数の増加につなげることができます。
カタログ資料の請求 「同業他社のライバル企業に自社カタログを見せたくない」など、情報流出を最小限に留めたい場合には、直接的なカタログDLではなく、資料請求フォームからのメール受信に対し、人的対応を介してカタログ送付を行うなどの手法が多く行われており、B2Bビジネスでは効果的な手法だと言えます。BtoCビジネスにおいては、全てのコンシューマーがターゲットとなる可能性を秘めていることや、その総数が大きくなることから、直接的なカタログDL機能の付加を推奨しています。
Webカタログ(電子カタログ) Webサイトのモニター上でカタログを閲覧する「Webカタログ(電子カタログ)」も広く普及するカタログ2次活用手法です。紙媒体のカタログページをめくるのと同様にページを閲覧できることから、カタログイメージが伝わりやすい特長があります。デバイスサイズにより、文字情報などの詳細情報を認識しづらい難点もあることから、Webカタログだけでなく、カタログPDFのダウンロードとの併用を推奨しています。

カタログPDFのダウンロード

B2Cビジネスで特に推奨するカタログPDFのWebダウンロード

BtoCビジネスにおいては、全てのコンシューマーがターゲットとなる可能性を秘めていることや、その総数が大きくなることから、直接的なカタログDL機能の付加を推奨しています。特にWeb通販を行う商品に関して消費者は、ECサイトで商品詳細を確認後、購入前にメーカーのブランドサイトで商品クオリティを再確認する傾向が見られます。機会損失や購入後のトラブルを回避するためにも、できる限りの情報提供が不可欠です。

カタログ資料の請求

B2Bビジネスで多く活用されるカタログの資料請求

BtoBビジネスにおいては、特定の業種・業界や担当者をターゲットとするケースが多々あり、「同業他社のライバル企業に自社カタログを見られたくない」などの懸念もあることから、資料請求フォームからのメール受信に対し、人的対応を介してカタログ送付を行うなどの手法が多く行われています。カタログ送付方法には、①メール内容を確認し営業担当者が電話・メール対応または郵送対応など、②資料請求メールへの返信メールにDLアドレスを記載、などの手法が主流となっています。

Webカタログ(電子カタログ)

アクセスフリーな閲覧を可能にするWebカタログ

物理的な制約を受けず閲覧者を拡大できるWebカタログ(電子カタログ)は、紙媒体では訴求しきれない多くの潜在客へのアプローチが可能です。また、いつでも、どこからでもアクセスできるWeb上での閲覧となることから、資料紛失の懸念や持ち運びの手間なく効率よく情報取得が可能となります。その反面、デバイスサイズにより、文字情報などの詳細情報を認識しづらい難点もあることから、Webカタログだけでなく、カタログPDFのダウンロードとの併用を推奨しています。

カタログ請求から見込み客をリスト化する

現在・未来のお客様を獲得するカタログ請求

資料請求フォームに必要事項の記入を促すカタログ資料の請求には、「見込み客(潜在客)データが蓄積される」のというメリットがあります。また、情報入力するというハードルを設けることで、潜在客の精査にもつながり、比較的感度の高い見込み客リストの生成が可能となります。資料請求から成約へとつながるだけでなく、中長期的な見込み客として継続的なコンタクトや情報提供を行うことで、将来的なお客様獲得へと繋げて行くことも可能です。

制作会社・代理店必見!FCパートナー募集

PAMPHLET.makeを運営するパドルデザインカンパニーでは、FCパートナーを募集しています。FCパートナーは一定エリアに1社限定。ご相談頂くお客様へのご対応を一括して担当して頂きます。詳しくはお問い合わせ下さい。

FC詳細へ

クリエイティブに自信のあるクリエイター必見!フリーランスクリエイター募集

PAMPHLET.makeを運営するパドルデザインカンパニーでは、フリーランスで働くクリエイターとの協業を強化しています。Web、グラフィック、動画・映像、コピー、撮影、ブランディングなど、パドルデザインのクリエイティブにご興味のある方からのご連絡お待ちしています。

募集詳細へ