PAMPHLET.make
東京
青山
03-5411-2202
  • 立川042-548-0362
  • 横浜045-550-4202
  • 千葉043-330-3106
  • 埼玉048-700-4010

誤解なく、正しく伝える。文章のリライト

文章のリライトとは

誤解なく、正しく伝える、文章のリライト。

執筆者以外の人が、文章に手を入れて書き直すことをリライトと言います。文章の綻びや不適切な表現の修正、誤字脱字の修正なども並行して行います。文章のプロフェッショナルであるコピーライターがリライトを行うことで、伝えたいことを誤解なく正しく伝える文章へと改善していきます。医療やIT など、特定分野のリライトには深い知識が必要となるため、ヒアリングシートや取材などを交えながらリライトを行う場合もあります。

リライトの必要性

大切なのは、伝えたかではなく、伝わったか。

文章制作において大切なのは、読み手の立場で伝わりやすい文章を構成すること。いたずらに長文にせず、要点を明確に、正しく簡潔に伝えることが大切です。そのために不可欠なのが、情報の順番や段落のまとめ、そして、リードコピーやキャッチコピーです。ある分野では経験豊富なスペシャリストでも、いざ頭の中にある情報を文章にしようとすると上手く表現しきれないもの。だからこそ、言葉のスペシャリストであるコピーライターが情報を俯瞰しリライトを行います。大切なのは、伝えたかではなく、伝わったか。伝わる言葉にデザインしていきます。

「てにおは」を正しく使う

一文字で、文章の意味やニュアンスが変わる「てにおは」。

リライトの代表的な施策として「てにおは」の修正があげられます。日本語は「てにおは」ひとつで、文章の意味や伝わるニュアンスが大きく変わってしまうことから、誤解無く正しく伝えるためには、「てにおは」がとても重要な役割を果たします。例えば「友人を頼る/友人に頼る/友人が頼る/友人と頼る」を見ても、伝わる意味やニュアンスが異なることが分かります。たった一文字で文章の意味や伝わり方を変えてしまう「てにおは」。だからこそ、第三者の視点で文章を見返し、「てにおは」を含めリライトしていくことが大切です。

文章リライト料金について

プロジェクトに応じた文章リライト料金

文章リライト料金は、プロジェクトの規模や期間、ページ数などにより変動します。詳細はお打ち合わせの際に担当ディレクターにご相談ください。

制作会社・代理店必見!FCパートナー募集

PAMPHLET.makeを運営するパドルデザインカンパニーでは、FCパートナーを募集しています。FCパートナーは一定エリアに1社限定。ご相談頂くお客様へのご対応を一括して担当して頂きます。詳しくはお問い合わせ下さい。

FC詳細へ

クリエイティブに自信のあるクリエイター必見!フリーランスクリエイター募集

PAMPHLET.makeを運営するパドルデザインカンパニーでは、フリーランスで働くクリエイターとの協業を強化しています。Web、グラフィック、動画・映像、コピー、撮影、ブランディングなど、パドルデザインのクリエイティブにご興味のある方からのご連絡お待ちしています。

募集詳細へ